太陽光発電とは

太陽光発電のメリット

文字サイズ太陽エネルギーでエコ生活!

太陽光のエネルギーを活用し、ご家庭で使用する電気をつくりだす太陽光発電システムで、光熱費の節約やCO2削減に貢献できます。クリーンエネルギーをムダなく活用し、地球に優しい暮らしをはじめましょう。

光熱費を節約

太陽光発電で作られた電気を自家使用し、さらに使い切れず余った電気は電力会社に売ることができます。その効果を合わせると、設置前と比べ、年間で約100,000円以上の光熱費削減効果が見込めます。

※1 【試算条件】
  • 4.19kWシステム:予測発電量4,691kWh/年真南設置、東京都 パナソニックシミュレーションより
  • 太陽光発電での売電と自家消費の比率は50:50とし、余剰電力買取単価(売電)を38円/kWとして試算(2013年度設置)
  • 都市ガス消費量(970m3/年)東京ガス株式会社の単価を使用
  • 各々の金額は保証されたものではありません。

文字サイズ

このページ上部へ

CO2の排出量を削減!

太陽電池モジュール20枚を設置するシステムで、設置前とくらべると年間約3.1tのCO2削減効果となります。

※2 日本の平均的な1世帯から出る温室効果ガス排出量は約5,040kg-CO2(独立行政法人国立環境研究所:日本国温室効果ガスインベントリ報告書2010年より)

文字サイズ

このページ上部へ

期待寿命は20年以上

太陽電池は長寿命で極めて故障率の低い発電システムです。人工衛星や灯台などの電源としても使われており、太陽電池そのものを構成するシリコンは、半永久的に稼動することができます。
太陽電池そのものの期待寿命は20年以上といわれており、長くお使いいただくことができます。ただし、パワーコンディショナは10~15年ぐらいで修理・交換が必要な場合もございます。

太陽電池の寿命は人間と同等!?

このページ上部へ

自動運転で日常での操作が不要!

自動運転で日常操作が不要です。スイッチを付けたり消したりするわずらわしい操作はありません。

このページ上部へ

充実した補助金制度!

太陽光発電システムを設置すると、国や地方自治体から費用の補助金を受けられる制度があります。この制度により、国は太陽光発電システムの普及を後押ししています。

太陽光発電の導入時の注意点

  • 設置条件(方位・角度・気温・影など)によって発電量が左右される
  • 夜間は発電しない
  • 蓄電機能はない

【停電時の太陽光発電の活用について】

停電時においても、太陽光発電システムが発電状態にあれば、自立運転に切り替えることで自立運転コンセントが使用可能となります。